違法・悪質なカジノの特徴

運営が公正に行われていない悪質カジノの存在

オンラインカジノといっても、本当にさまざまなサイトもあります。
安全・快適に遊べるような優良オンラインカジノであれば問題は無いのですが、実は違法な行為を繰り返す悪質カジノも存在しています。

どのような行為が行われているのかはそれぞれ異なりますが、一般的には不当に払い戻しがされないカジノというのが非常に多くなっています。
不正なソフトウェアを使用し、絶対にプレイヤーを勝たせないような悪質カジノもあります。
支払いが遅延したりと、色んな行為がありますが、第一にプレイヤーに支払いをしないという特徴がありますので、気を付けなければなりません。

悪質カジノの特徴あれこれ

悪質カジノは大量のボーナスが設定されており、破格の条件が提示されていることがあります。
しかし、これはプレイヤーに登録をさせたいがあまりの嘘ですので、惑わされてしまわないようにしましょう。
また、ウェブサイトの作りも甘かったり、誤字や脱字、更新がされておらず雑な作りになっていることが多いので、このあたりもしっかりと見極めましょう。

悪質カジノは運営会社についての情報は隠しておきたいので、ホームページにも運営会社について情報が掲載されていないことがあります。
ライセンスマーク、監査機関の認証マークもなければ、使用しているソフトウェアも不明な事が多いです。

オンラインカジノを選ぶ場合にはこのようなポイントで選んでみると良いでしょう。

自作自演の宣伝には注意をする

悪質カジノは、掲示板やブログにスパム広告を繰り返し貼り付けているということが多いのですが、中には自作自演で口コミサイトや掲示板で宣伝をしていることが多く、悪い評価が一切無いという悪質カジノもあります。

サクラのような行為を行うところは厄介なので、これも見分ける必要があります。過度な宣伝や、メリットばかりが述べられている場合も注意が必要です。
絶対に稼げるという宣伝文句も真に受けないようにしましょう。

最新の情報かどうかを確認する

カジノを選定するポイントですが、口コミサイトはかなり参考にすることが出来ます。
しかし、常に最新の情報かどうかという点を確認するようにしましょう。
これはなぜかというと、オンラインカジノの世界は移り変わりが激しく、古い情報はあてにならないことがあるからです。

運営者や経営方針が変わると、優良だったカジノがそうでなくなることもあるので、気を付けなければなりません。

カジノカフェの摘発は減少傾向にある

カジノカフェは、10年ほど前に数多く営業されていた形態です。
10年ほど前にかなり利用されていた傾向があり、徐々にですが勢力を拡大していきました。

しかし、警察に気づかれる可能性が高まったことに加えて、オンラインカジノで遊ぶという行為自体が問題視されるようになり、警察もさらに注意の目を光らせて対応しています。

現在カジノカフェの運営自体は減っています。
運営しても利益が出るかどうか不安に感じられているからです。
その代わりカジノカフェの摘発自体も減少しており、現在はほぼ情報として提示されていません。

オンラインカジノは個人で遊べるようになったことが大きい

10年ほど前の状況は、オンラインカジノが個人では遊べないものと考えられていました。
誰かに提供してもらわないと、オンラインカジノというサイトでは遊べないように考えられていたのです。

しかし、現在ではオンラインカジノは個人でも登録できますし、誰でも利用できるような状況が作られています。
わざわざカジノカフェまで行かなくても利用できるという利点があり、基本的にオンラインカジノのためにカジノカフェを使う人は減っています。

オンラインカジノが自由に登録して遊べるという状況に置かれたため、カジノカフェを作るメリットは一切なくなってしまいました。
同時に遊んでくれるユーザーというのも明らかに減っており、カジノカフェ自体も運営を止めてしまったり、別の闇カジノに切り替えるなどの対応を行っています。
オンラインカジノを利用して遊び、大金を得られた時代というのは徐々に失われているのです。

近年はカジノカフェ自体もなかなか摘発が行われません。
カジノカフェ自体は運営されている情報がいくつも見つかっていますが、摘発前に撤退する、もしくは摘発を恐れて逃げてしまうケースが相次いでいるのです。

カジノカフェ自体もかなり減少している

カジノカフェ自体もかなり減少傾向にあり、現時点ではほとんど運営情報が見当たりません。
摘発されている情報も同時に少なくなっており、ほぼオンラインカジノを利用した犯罪というのは情報としては手に入らないのです。

オンラインカジノを利用して稼げるという時代は徐々に終わりを告げています。
個人で遊んでいるユーザーが大半を占めるようになり、オンラインカジノを利用するというメリットがなくなっているのも現状にあるからです。
カジノカフェは今後もそこまで多く登場するとは考えられず、むしろ撤退が相次ぐでしょう。

日本人が熱狂するバカラ

オンラインカジノにおけるバカラの存在

オンラインカジノにおけるバカラの存在

オンラインカジノにおけるバカラという存在ですが、カジノでも「バカラは最高」といわれているように、多くの人々を魅了し熱狂させる、そんなゲームとなっています。
あまり日本人でカジノに馴染みがない方はプレイをしたことがないと思いますが、バカラはあの大企業の御曹司がはまり込んでしまい、会社のお金を費やしてしまったという伝説も残っています。

オンラインカジノのバカラは、人々がはまり込んでしまう魅力があり、王道のギャンブルを楽しめるゲームです。
オンラインカジノのバカラは、ディーラーとのスリリングな駆け引きが楽しめる、カジノならではのゲームとなっています。

オンラインカジノのバカラの魅力

オンラインカジノのバカラは、真のギャンブラーを惹きつける非常に魅力的なゲームとなっています。
バカラは、ルール自体は非常にシンプルになっていますし、覚えることもそれほど多くはありません。
ただカードを覚えること、そして賭け方を覚えることがだけですし、あとは勘を働かせるだけでもゲームに参加できます。

初心者から、ギャンブルの上級者までもが楽しめる、そんなエキサイティングなゲームがバカラなのです。

バカラのカードについて

バカラのカードですが、1~9までのカードはそのままの点数になり、Aに関しては、1点、そして絵柄や10は0点となります。
そのままカウントしてその点数になるので、分かりやすいといえるでしょう。

バカラのカードについて

そして、バカラは、1の位が9に近い方が勝ちというルールですので、数字が大きい方が勝ちになります。
最初のカードの2枚が、8,9のどちらかの場合には、ナチュラルと呼び、もう一度3枚目を引くことになります。
そして、プレイヤーが6,7どちらかの場合には、そのまま勝負となり、1~5の場合には、3枚目を引く形になります。
2枚目で止まることもあれば、3枚目で勝負をする事もありますので、このあたりを覚えておく必要があります。

バカラゲームの概要

バカラを難しく考える必要はありません。
カードゲームではあるのですが、ゲーム参加者が直接カードに触れなくてもよいのです。
「プレイヤー役」と「バンカー役」がカードゲームをしますから、どちらが勝者になるかを予測すればよいのです。
そのため、初心者でも直感に頼って連勝することがよくあります。

バカラのゲーム内容に触れておきましょう。プレイヤー役とバンカー役にそれぞれカードが配られますから、それを「9」に近づけることをめざします。
これらが理解できれば、ゲームをスタートさせてOKでしょう。

賭け方について

次にバカラの賭け方ですが、プレイヤーかバンカーのどちらかに賭けるか、引き分けに賭ける形になります。

プレイヤーかバンカーかどちらかに賭けて、そしてそれが当たれば、最終的に2倍になって戻ってきます。
引き分けに賭けて当たった場合は9倍になります。
バンカーに賭けた場合には、5%が差し引かれてしまうことになります。

どちらかにベットして引き分けだった場合には、0倍となり、そのまま賭けた金額が手元に戻ってくる形になります。

オンラインカジノとバカラの相性

オンラインカジノとバカラの相性

「バカラ」は本格的なカジノゲームとして認知されています。
多くのベテランギャンブラーが興じており、リアルカジノでしか興奮が味わえないという声があります。
しかし、インターネット品質の向上により、オンラインカジノでも臨場感たっぷりに「バカラ」を楽しめる時代となりました。
一度もプレイしたことがない人は、オンラインカジノで「お試しプレイ」を楽しんでみてはいかがでしょうか?

バカラの戦略について

直感でゲームに参加できるのが「バカラ」の魅力ですが、安定的に勝ちをめざすためには、戦略が必要です。
基本的な戦略は「ベッティングシステム」となります。
これは、資金を管理しながら勝ちをめざす手法であり、さまざまなカジノゲームに応用できます。
ベッティングシステムと聞いてどのようなものを連想しますか?
そうです。マーチンゲール法が代表格となります。
2倍配当に利用できるベッティングシステムですから、バカラに活用できます。

ただし、マーチンゲール法はハイリスク・ローリターンな手法です。
いつまでもこの手法に頼っていては大きな勝ちをめざせません。

つぎに取り組んでほしいのは、パーレー法です。
この手法は別名逆マーチンゲール法とよばれているものであり、勝ったら勝ち続けている間ずっと倍賭けするものとなります。
少ない資金で勝負できる手法であり、運が良ければ短時間で驚異的な勝ちにつなげられるのです。
攻略には連勝が条件ですが、負けたとしても資金のすべてを失うわけではありません。
そのためローリスク・ハイリターンと考えられるのではないでしょうか。
「習うより慣れよ」の心意気で色々試してみましょう。

ブラックジャックは稼ぎやすいゲーム

手軽に楽しめるブラックジャック

手軽に楽しめるブラックジャック

「ブラックジャック」は本格的なカジノゲームとして多くのギャンブラーを魅了しています。その概要と手軽に楽しめる方法を論じましょう。

ブラックジャックの基本情報

「ブラックジャック」はディーラーと対戦するところに特徴があります。「駆け引き」がありますから、玄人(くろうと)受けするゲームです。早速ルールを紹介しましょう。
配られるカード合計を「21」に近づければ勝ちです。注意しなければならないのは、「21」を超えると負けてしまう点です。ここが「駆け引き」のポイントとなります。
ただし、ディーラーは一定の法則にしたがってアクションをします。それはカード合計が「17」になるまで引き続けるということです。平たく言うならば、ディーラーは「17~21」もしくは「バースト」のいずれかになります。
その点しっかりと認識しましょう。

手軽に楽しむ方法とは?

本格的なカジノゲームを楽しむためには、カジノリゾートへ出向かなければなりません。現在、日本には「カジノ」がありませんから、「ブラックジャック」を楽しむためには、海外へ出かけなければなりませんでした。
しかし、安心してください。最近ではインターネットでカジノを楽しむ方法が確立しています。そうです、オンラインカジノを利用すればよいのです。
臨場感を重視するならば、「ライブディーラー」を活用してください。ライブカメラを利用して、本物のディーラーが相手をしてくれます。

ブラックジャックにおける専門用語について

ここで、「ブラックジャック」を楽しむための専門用語を解説しましょう。
まず「ヒット」といえば、「カードを引く」ことを指します。
それから「スタンド」は「カードを引くことをやめる」ことを指しているのです。
「ヒット」「スタンド」はよく使いますから、しっかりと学習しましょう。

また「スプリット」というものがあります。これは、最初に配られる2枚が同じ数字だった場合に、「2つの手」へと分ける手法です。
つぎに「インシュアランス」という言葉をご存知でしょうか?これは「保険」を指しており、ディーラーの1枚目が「A」であった場合に、相手の「ブラックジャック役」に対して保険をかけるのです。
具体的には、ベットした金額の半額を「保険」としてさらに出します。相手が「ブラックジャック」を成立させた場合には、「ベット額」と「保険額」が戻ってくるのです。しかし、「ブラックジャック」とならなかった場合には、「保険額」が戻ることはありません。特殊な方法です。

役としての「ブラックジャック」について触れましょう。ゲーム名になっているもので、「A」と「テンカード」の組み合わせを指します。配当がアップしますから、「ブラックジャック」で大きな勝ちをめざしましょう。

ハウスエッジについて

ハウスエッジについて

ギャンブルには、「ハウスエッジ」とよばれるものがあります。
日本語では「控除率」と訳されており、胴元の取り分を表しているのです。
つまり、「ハウスエッジ」が低ければ効率のよいギャンブルといえるし、高ければプレイヤーにとって不利となります。

ギャンブルごとのハウスエッジ

それぞれのギャンブルを比較しましょう。
たとえば日本の宝くじにおける「ハウスエッジ」は、「45.7%」です。
また、競馬は「25.9%」、競輪は「25%」などとなっています。
一方、カジノゲームは「1%~5%」とされますから、いかにカジノの効率がよいかお分かりでしょう。
つぎの項目でゲームごとの「ハウスエッジ」を比較します。

ゲームごとのハウスエッジ

「ルーレット」の「ハウスエッジ」は、アメリカンルーレットで「5.26%」、ヨーロピアンルーレットで「2.7%」です。
スロットでは「1%~5%」となります。
そして「ブラックジャック」の「ハウスエッジ」は、なんと「0.4%~0.6%」です。驚異的な「ハウスエッジ」ではないでしょうか?
これらの分析でお分かりでしょうが、ギャンブルで勝ちを求めるならば、「ブラックジャック」を選ぶことが賢明となります。

ブラックジャックの戦略

ブラックジャックの戦略

カードゲームの基本となるのですが、配られるカードの傾向を知ることが重要です。
「21」に近づけるルールですから、多く出現する数字を把握しなくてはなりません。
「どの数字も確率は同じでしょう?」
ブラックジャック初心者から声がよせられました。お答えしましょう。
「10、J、Q、K」の4種類を「10」とカウントしますから、必然的に「10」が出やすいのです。
これを念頭に置いてプレイすれば、おのずと勝率がアップします。

ベーシックストラテジーについて

「ブラックジャック」には、「ベーシックストラテジー(基本戦略)」が確立しています。
これは、配られたカードに対する最適なアクションを示したものであり、「ベーシックストラテジー」どおりにすれば、「最低のハウスエッジ」を実現できます。
ブラックジャック初心者であっても勝ちやすくなりますから、忠実に実行してみましょう。

日本国内のオンラインカジノの扱い

ギャンブルといえば、パチンコ、パチスロ、競馬などを思い浮かべると思いますが、世界で高い人気を見せ、その利用者を年々拡大しているのがオンラインカジノです。
カジノに足を運ばなくても、実際にお金を賭けてカジノと同じゲームを楽しめるというその手軽さが人気の一番の理由です。

オンラインカジノの扱われ方

しかし、カジノは日本国内では違法です。時々テレビなどで裏カジノという言葉を目にしたことがあると思いますが、日本国内でカジノ同様の賭け事を行った場合、賭博罪となり逮捕され法の裁きを受けることになります。
それではオンラインカジノも同じではないかとそう思う方もいるでしょう。
しかし、オンラインカジノの場合はその賭博罪に直接触れることはありません。

オンラインカジノが問題ない根拠

オンラインカジノ運営元は海外の会社です。世界にはカジノを認可している国が多くあり、そうしたカジノが認可されている国の会社がオンラインカジノを運営しています。
運営元が日本国内にないということは、海外旅行に行きカジノを利用することと変わりありません。
そして、賭け事に対する決まり事である賭博罪は、胴元となる運営側とお金を賭ける利用者がいてこそ適用される法律です。
ということは、オンラインカジノを法律的に違法とするには、まずオンラインカジノ側を摘発しなければなりません。
ところが、オンラインカジノの運営元は海外にあるので日本の法律は適用されません。
しかもオンラインカジノの運営元は拠点とする国から認可を得て運営しているので、運営元に不正は一切ありませんので、日本国内でオンラインカジノをプレイしてもプレイヤーが法により罰せられることはありません。

根拠に沿わないカジノは危険

ただし、ネット上には詐欺紛いのサイトが多くあり、中には不正にを立ち上げている国内業者もあります。
そうした国内に拠点を置く業者のオンラインカジノを利用した場合は、もちろん賭博罪にあたるので、利用が発覚された時点ですぐに逮捕されてしまいます。
国内の業者だから安心だというのはオンラインカジノにはあり得ませんので、オンラインカジノを利用する際に、万が一運営元が国内業者になっていたら、すぐにそのサイトから離れるようにしましょう。
どこのオンラインカジノもゲームの配信会社、取得しているライセンス、決済サービスなどがサイトに掲載されていますので、利用する場合は手間だと考えずに、そうした掲載されている情報を元に、運営元が海外にあり、正式なライセンスを得ているかを確認し、安心して利用出来るオンラインカジノかどうかを見極めた上でプレイするようにしましょう。

オンラインカジノは国内での目が厳しい

海外ではカジノのサービスは当たり前のように行われていますが、日本ではカジノが禁止されていることもあり、オンラインカジノでも厳しい目で見られています。逮捕されている事例があるなどの理由で、社会的にもオンラインカジノは大丈夫なのかと思われています。これからもオンラインカジノは、厳しい目で見られ続ける可能性が高く、油断はできないのです。

逮捕者が出たことで一層厳しく

国内で逮捕されている事例などが出たことで、日本国内でオンラインカジノを利用している場合は、逮捕されてしまうと考えられています。オンラインカジノで逮捕されることがわかっているのは、社会的にも問題となっており、気軽に違法なギャンブルができるのではないかと思われています。
海外のサーバーを利用して、オンラインカジノ自体が海外の会社の運営によって実施されるので、本来は逮捕される状況になりづらいのですが、オンラインカジノへ入金した履歴などが影響して、発覚した場合には逮捕に踏み切れると考えられています。
更に、オンラインカジノは日本向けに作っているところが多くなっており、日本のユーザーを積極的に取り込もうという動きも出ています。日本人が遊びやすいように作られているオンラインカジノの場合は、逮捕される可能性が高まってしまうので、利用している人の不安は大きなものになります。

国内では対応が遅れている

一方で、国内ではオンラインカジノに関連する法律が決められたり、オンラインカジノを違法として確定しているような状況は作られておらず、対応は遅れている状況です。対応が遅れていることで、オンラインカジノは今はプレイしても問題になりづらいと思われているのですが、逆に言えば社会的に問題となる可能性がまだ残されています。
オンラインカジノを悪用しているサイトの情報や、出金対応の遅れなどが原因になって、消費者センターも警告を出しているくらいです。国内の対応が遅れていることで、オンラインカジノの信頼感を考えていくのが難しかったり、明確なラインが引かれていないことで遊んでも良いのかわかりづらいところもあります。
明確に対応してくれることが重要になっていますが、他の法案などの影響によってオンラインカジノに関しては何もされていないのが現状です。これから変わっていくことができるのかも注目されており、日本でのオンラインカジノの動向が注目されます。

ベラジョンカジノの制限についてまとめてみる

ベラジョンカジノは制限を設けられるオンラインカジノ

ベラジョンカジノ

プレイしたいと思っても、制限がかけられていないので、何でもできる状態とされている場合があります。特に嫌なこととしては、入金を行いすぎて出すのが難しい、1日に利用する金額を設定していなかったため、無制限でプレイしている状態になって失敗するなどの状態です。なるべくいい状態でプレイしたいと思っている方に、安心感を得られるようにするのがベラジョンカジノです。

〇ベラジョンカジノには入金制限を付ける

入金については、制限を自分でつけられるようにします。ベラジョンカジノは、制限を自分で考えてもらって、これ以上の入金はできない設定と変えられるのです。入金の制限を行っていれば、足りないからもっと増やそうと考えることもありませんから、ある程度安心してゲームを続けられるようになるでしょう。
制限を設けていないオンラインカジノは多々ありますし、意外と影響が強く、思っていた以上に損失を計上するケースも多くなっています。良いプレイをしたいと思っている方のために、入金制限を設けてくれるところは大きく、安心できる要素を増やしてくれます。

〇プレイ時間制限もベラジョンカジノは持っている

他のオンラインカジノにはないメリットとして、プレイ時間の制限も行っています。1回のログインでプレイできる時間を制限すれば、使用する金額を抑えられるのではないかと考え、作られている項目です。この設定もユーザーが行う必要があり、入力されると時間制限がかかります。
ログインを行うと、その時間から定められている範囲までしかできません。オーバーすると、その時点でログアウトされてしまい、プレイ不能になります。ログイン1回につき、この制限を受けることとなりますので、まだプレイしたいと思っているならログインすればいいですが、ある程度時間制限を加えてしまえば、続けすぎてしまった状況は起こらなくなります。
オンラインカジノにしては珍しく、プレイを止められる可能性がありますので、止められなくて困っている人には安心できるでしょう。

ベラジョンカジノの出金額が多いと時間がかなり掛かる

ベラジョンカジノは出金に関する制限が多く、出金できる額にも制限があります。一カ月に出せる金額は決められていて、それ以上の金額は引き出せません。なので引き出し可能額が多くなった場合、分割して引き出しする必要があります。分割の手続きは自分で行う必要があり、カジノ側がなにかしらしてくれるわけではありません。

問い合わせ

〇1日の制限は2000ドル

出金できる制限は、2000ドルまでに設定されて、1日にこれ以上の金額を出したいと思ったら無理です。しかし2000ドルというのは、結構高い金額であり、オンラインカジノでも勝っている人しかこの数字は適応されないでしょう。しかも2000ドル前に、ボーナスの制限をクリアしないと厳しい人も多いために、相当な稼ぎを持っている状況じゃなければこのお金を出せないのです。
1日に出せる金額が2000ドルまでに制限されるので、それ以上の金額を入れるとエラーが発生して、額を減らすように警告が出てきます。この警告に従って減らしておけば、後から出してくれるようになります。
なお2000ドルは1日限定ですが、1週間で5000ドルを超える金額は出せないままとなります。つまり2万ドルまでしか1ヶ月に出せない仕組みになっていて、それ以上出したいなら分割して出す方法を考えます。

〇ジャックポットは自分で分割して出していく

ジャックポットを受けている場合は、分割して出していく方法を考えます。持っている金額を5000ドルずつ分割して、1ヶ月で2万ドルを出します。そして次の月にも2万ドルを出すように手続きを行って、残っている額が0になるまで続けます。残っている額が多すぎる場合は、とにかく出せることを前提に考えます。少しでも減らしていければ、手元に大量のお金が入ってくれるので結構楽でしょう。
エコペイズなどをどんどん使って、出金サービスからお金を出していくといいです。銀行振込だと時間がかかり、しかも手続きが思ったほど進まないので厄介です。ジャックポットはすぐにでも全額欲しいものですが、自分で分割しながら出すことをしっかり考えましょう。

分割出金

〇10万ドル以上の的中には一応分割設定あり

一応ベラジョンカジノは、10万ドル以上の的中が出た場合、月1万ドル程度に分割して払いましょうかという問い合わせを持ってきます。ただ1万ドルだと、出せる金額は半分になります。しかも10万ドル以上というのはジャックポット以外にありません。つまりほぼできないと考えていいです。

〇制限からベラジョンカジノを快適に

オンラインカジノの問題である、依存症に近い状態を防ぐために導入されている方法ですから、どんどん活用していくのが望ましいです。そして、多くのゲームで安心できるようにするためにも、ログインによる時間制限はつけたほうがいいでしょう。熱を入れてしまって、すぐに止められない場合でも、制限をつけておけば止めることができます。