日本国内のオンラインカジノの扱い

ギャンブルといえば、パチンコ、パチスロ、競馬などを思い浮かべると思いますが、世界で高い人気を見せ、その利用者を年々拡大しているのがオンラインカジノです。
カジノに足を運ばなくても、実際にお金を賭けてカジノと同じゲームを楽しめるというその手軽さが人気の一番の理由です。

オンラインカジノの扱われ方

しかし、カジノは日本国内では違法です。時々テレビなどで裏カジノという言葉を目にしたことがあると思いますが、日本国内でカジノ同様の賭け事を行った場合、賭博罪となり逮捕され法の裁きを受けることになります。
それではオンラインカジノも同じではないかとそう思う方もいるでしょう。
しかし、オンラインカジノの場合はその賭博罪に直接触れることはありません。

オンラインカジノが問題ない根拠

オンラインカジノ運営元は海外の会社です。世界にはカジノを認可している国が多くあり、そうしたカジノが認可されている国の会社がオンラインカジノを運営しています。
運営元が日本国内にないということは、海外旅行に行きカジノを利用することと変わりありません。
そして、賭け事に対する決まり事である賭博罪は、胴元となる運営側とお金を賭ける利用者がいてこそ適用される法律です。
ということは、オンラインカジノを法律的に違法とするには、まずオンラインカジノ側を摘発しなければなりません。
ところが、オンラインカジノの運営元は海外にあるので日本の法律は適用されません。
しかもオンラインカジノの運営元は拠点とする国から認可を得て運営しているので、運営元に不正は一切ありませんので、日本国内でオンラインカジノをプレイしてもプレイヤーが法により罰せられることはありません。

根拠に沿わないカジノは危険

ただし、ネット上には詐欺紛いのサイトが多くあり、中には不正にを立ち上げている国内業者もあります。
そうした国内に拠点を置く業者のオンラインカジノを利用した場合は、もちろん賭博罪にあたるので、利用が発覚された時点ですぐに逮捕されてしまいます。
国内の業者だから安心だというのはオンラインカジノにはあり得ませんので、オンラインカジノを利用する際に、万が一運営元が国内業者になっていたら、すぐにそのサイトから離れるようにしましょう。
どこのオンラインカジノもゲームの配信会社、取得しているライセンス、決済サービスなどがサイトに掲載されていますので、利用する場合は手間だと考えずに、そうした掲載されている情報を元に、運営元が海外にあり、正式なライセンスを得ているかを確認し、安心して利用出来るオンラインカジノかどうかを見極めた上でプレイするようにしましょう。

オンラインカジノは国内での目が厳しい

海外ではカジノのサービスは当たり前のように行われていますが、日本ではカジノが禁止されていることもあり、オンラインカジノでも厳しい目で見られています。逮捕されている事例があるなどの理由で、社会的にもオンラインカジノは大丈夫なのかと思われています。これからもオンラインカジノは、厳しい目で見られ続ける可能性が高く、油断はできないのです。

逮捕者が出たことで一層厳しく

国内で逮捕されている事例などが出たことで、日本国内でオンラインカジノを利用している場合は、逮捕されてしまうと考えられています。オンラインカジノで逮捕されることがわかっているのは、社会的にも問題となっており、気軽に違法なギャンブルができるのではないかと思われています。
海外のサーバーを利用して、オンラインカジノ自体が海外の会社の運営によって実施されるので、本来は逮捕される状況になりづらいのですが、オンラインカジノへ入金した履歴などが影響して、発覚した場合には逮捕に踏み切れると考えられています。
更に、オンラインカジノは日本向けに作っているところが多くなっており、日本のユーザーを積極的に取り込もうという動きも出ています。日本人が遊びやすいように作られているオンラインカジノの場合は、逮捕される可能性が高まってしまうので、利用している人の不安は大きなものになります。

国内では対応が遅れている

一方で、国内ではオンラインカジノに関連する法律が決められたり、オンラインカジノを違法として確定しているような状況は作られておらず、対応は遅れている状況です。対応が遅れていることで、オンラインカジノは今はプレイしても問題になりづらいと思われているのですが、逆に言えば社会的に問題となる可能性がまだ残されています。
オンラインカジノを悪用しているサイトの情報や、出金対応の遅れなどが原因になって、消費者センターも警告を出しているくらいです。国内の対応が遅れていることで、オンラインカジノの信頼感を考えていくのが難しかったり、明確なラインが引かれていないことで遊んでも良いのかわかりづらいところもあります。
明確に対応してくれることが重要になっていますが、他の法案などの影響によってオンラインカジノに関しては何もされていないのが現状です。これから変わっていくことができるのかも注目されており、日本でのオンラインカジノの動向が注目されます。

ベラジョンカジノの制限についてまとめてみる

ベラジョンカジノは制限を設けられるオンラインカジノ

ベラジョンカジノ

プレイしたいと思っても、制限がかけられていないので、何でもできる状態とされている場合があります。特に嫌なこととしては、入金を行いすぎて出すのが難しい、1日に利用する金額を設定していなかったため、無制限でプレイしている状態になって失敗するなどの状態です。なるべくいい状態でプレイしたいと思っている方に、安心感を得られるようにするのがベラジョンカジノです。

〇ベラジョンカジノには入金制限を付ける

入金については、制限を自分でつけられるようにします。ベラジョンカジノは、制限を自分で考えてもらって、これ以上の入金はできない設定と変えられるのです。入金の制限を行っていれば、足りないからもっと増やそうと考えることもありませんから、ある程度安心してゲームを続けられるようになるでしょう。
制限を設けていないオンラインカジノは多々ありますし、意外と影響が強く、思っていた以上に損失を計上するケースも多くなっています。良いプレイをしたいと思っている方のために、入金制限を設けてくれるところは大きく、安心できる要素を増やしてくれます。

〇プレイ時間制限もベラジョンカジノは持っている

他のオンラインカジノにはないメリットとして、プレイ時間の制限も行っています。1回のログインでプレイできる時間を制限すれば、使用する金額を抑えられるのではないかと考え、作られている項目です。この設定もユーザーが行う必要があり、入力されると時間制限がかかります。
ログインを行うと、その時間から定められている範囲までしかできません。オーバーすると、その時点でログアウトされてしまい、プレイ不能になります。ログイン1回につき、この制限を受けることとなりますので、まだプレイしたいと思っているならログインすればいいですが、ある程度時間制限を加えてしまえば、続けすぎてしまった状況は起こらなくなります。
オンラインカジノにしては珍しく、プレイを止められる可能性がありますので、止められなくて困っている人には安心できるでしょう。

ベラジョンカジノの出金額が多いと時間がかなり掛かる

ベラジョンカジノは出金に関する制限が多く、出金できる額にも制限があります。一カ月に出せる金額は決められていて、それ以上の金額は引き出せません。なので引き出し可能額が多くなった場合、分割して引き出しする必要があります。分割の手続きは自分で行う必要があり、カジノ側がなにかしらしてくれるわけではありません。

問い合わせ

〇1日の制限は2000ドル

出金できる制限は、2000ドルまでに設定されて、1日にこれ以上の金額を出したいと思ったら無理です。しかし2000ドルというのは、結構高い金額であり、オンラインカジノでも勝っている人しかこの数字は適応されないでしょう。しかも2000ドル前に、ボーナスの制限をクリアしないと厳しい人も多いために、相当な稼ぎを持っている状況じゃなければこのお金を出せないのです。
1日に出せる金額が2000ドルまでに制限されるので、それ以上の金額を入れるとエラーが発生して、額を減らすように警告が出てきます。この警告に従って減らしておけば、後から出してくれるようになります。
なお2000ドルは1日限定ですが、1週間で5000ドルを超える金額は出せないままとなります。つまり2万ドルまでしか1ヶ月に出せない仕組みになっていて、それ以上出したいなら分割して出す方法を考えます。

〇ジャックポットは自分で分割して出していく

ジャックポットを受けている場合は、分割して出していく方法を考えます。持っている金額を5000ドルずつ分割して、1ヶ月で2万ドルを出します。そして次の月にも2万ドルを出すように手続きを行って、残っている額が0になるまで続けます。残っている額が多すぎる場合は、とにかく出せることを前提に考えます。少しでも減らしていければ、手元に大量のお金が入ってくれるので結構楽でしょう。
エコペイズなどをどんどん使って、出金サービスからお金を出していくといいです。銀行振込だと時間がかかり、しかも手続きが思ったほど進まないので厄介です。ジャックポットはすぐにでも全額欲しいものですが、自分で分割しながら出すことをしっかり考えましょう。

分割出金

〇10万ドル以上の的中には一応分割設定あり

一応ベラジョンカジノは、10万ドル以上の的中が出た場合、月1万ドル程度に分割して払いましょうかという問い合わせを持ってきます。ただ1万ドルだと、出せる金額は半分になります。しかも10万ドル以上というのはジャックポット以外にありません。つまりほぼできないと考えていいです。

〇制限からベラジョンカジノを快適に

オンラインカジノの問題である、依存症に近い状態を防ぐために導入されている方法ですから、どんどん活用していくのが望ましいです。そして、多くのゲームで安心できるようにするためにも、ログインによる時間制限はつけたほうがいいでしょう。熱を入れてしまって、すぐに止められない場合でも、制限をつけておけば止めることができます。