ブラックジャックは稼ぎやすいゲーム

手軽に楽しめるブラックジャック

「ブラックジャック」は本格的なカジノゲームとして多くのギャンブラーを魅了しています。その概要と手軽に楽しめる方法を論じましょう。

ブラックジャックの基本情報

「ブラックジャック」はディーラーと対戦するところに特徴があります。「駆け引き」がありますから、玄人(くろうと)受けするゲームです。早速ルールを紹介しましょう。
配られるカード合計を「21」に近づければ勝ちです。注意しなければならないのは、「21」を超えると負けてしまう点です。ここが「駆け引き」のポイントとなります。
ただし、ディーラーは一定の法則にしたがってアクションをします。それはカード合計が「17」になるまで引き続けるということです。平たく言うならば、ディーラーは「17~21」もしくは「バースト」のいずれかになります。
その点しっかりと認識しましょう。

手軽に楽しむ方法とは?

本格的なカジノゲームを楽しむためには、カジノリゾートへ出向かなければなりません。現在、日本には「カジノ」がありませんから、「ブラックジャック」を楽しむためには、海外へ出かけなければなりませんでした。
しかし、安心してください。最近ではインターネットでカジノを楽しむ方法が確立しています。そうです、オンラインカジノを利用すればよいのです。
臨場感を重視するならば、「ライブディーラー」を活用してください。ライブカメラを利用して、本物のディーラーが相手をしてくれます。

ブラックジャックにおける専門用語について

ここで、「ブラックジャック」を楽しむための専門用語を解説しましょう。
まず「ヒット」といえば、「カードを引く」ことを指します。
それから「スタンド」は「カードを引くことをやめる」ことを指しているのです。
「ヒット」「スタンド」はよく使いますから、しっかりと学習しましょう。

また「スプリット」というものがあります。これは、最初に配られる2枚が同じ数字だった場合に、「2つの手」へと分ける手法です。
つぎに「インシュアランス」という言葉をご存知でしょうか?これは「保険」を指しており、ディーラーの1枚目が「A」であった場合に、相手の「ブラックジャック役」に対して保険をかけるのです。
具体的には、ベットした金額の半額を「保険」としてさらに出します。相手が「ブラックジャック」を成立させた場合には、「ベット額」と「保険額」が戻ってくるのです。しかし、「ブラックジャック」とならなかった場合には、「保険額」が戻ることはありません。特殊な方法です。

役としての「ブラックジャック」について触れましょう。ゲーム名になっているもので、「A」と「テンカード」の組み合わせを指します。配当がアップしますから、「ブラックジャック」で大きな勝ちをめざしましょう。

ハウスエッジについて

ギャンブルには、「ハウスエッジ」とよばれるものがあります。
日本語では「控除率」と訳されており、胴元の取り分を表しているのです。
つまり、「ハウスエッジ」が低ければ効率のよいギャンブルといえるし、高ければプレイヤーにとって不利となります。

ギャンブルごとのハウスエッジ

それぞれのギャンブルを比較しましょう。
たとえば日本の宝くじにおける「ハウスエッジ」は、「45.7%」です。
また、競馬は「25.9%」、競輪は「25%」などとなっています。
一方、カジノゲームは「1%~5%」とされますから、いかにカジノの効率がよいかお分かりでしょう。
つぎの項目でゲームごとの「ハウスエッジ」を比較します。

ゲームごとのハウスエッジ

「ルーレット」の「ハウスエッジ」は、アメリカンルーレットで「5.26%」、ヨーロピアンルーレットで「2.7%」です。
スロットでは「1%~5%」となります。
そして「ブラックジャック」の「ハウスエッジ」は、なんと「0.4%~0.6%」です。驚異的な「ハウスエッジ」ではないでしょうか?
これらの分析でお分かりでしょうが、ギャンブルで勝ちを求めるならば、「ブラックジャック」を選ぶことが賢明となります。

ブラックジャックの戦略

カードゲームの基本となるのですが、配られるカードの傾向を知ることが重要です。
「21」に近づけるルールですから、多く出現する数字を把握しなくてはなりません。
「どの数字も確率は同じでしょう?」
ブラックジャック初心者から声がよせられました。お答えしましょう。
「10、J、Q、K」の4種類を「10」とカウントしますから、必然的に「10」が出やすいのです。
これを念頭に置いてプレイすれば、おのずと勝率がアップします。

ベーシックストラテジーについて

「ブラックジャック」には、「ベーシックストラテジー(基本戦略)」が確立しています。
これは、配られたカードに対する最適なアクションを示したものであり、「ベーシックストラテジー」どおりにすれば、「最低のハウスエッジ」を実現できます。
ブラックジャック初心者であっても勝ちやすくなりますから、忠実に実行してみましょう。