ベラジョンカジノの制限についてまとめてみる

ベラジョンカジノは制限を設けられるオンラインカジノ

プレイしたいと思っても、制限がかけられていないので、何でもできる状態とされている場合があります。特に嫌なこととしては、入金を行いすぎて出すのが難しい、1日に利用する金額を設定していなかったため、無制限でプレイしている状態になって失敗するなどの状態です。なるべくいい状態でプレイしたいと思っている方に、安心感を得られるようにするのがベラジョンカジノです。

〇ベラジョンカジノには入金制限を付ける

入金については、制限を自分でつけられるようにします。ベラジョンカジノは、制限を自分で考えてもらって、これ以上の入金はできない設定と変えられるのです。入金の制限を行っていれば、足りないからもっと増やそうと考えることもありませんから、ある程度安心してゲームを続けられるようになるでしょう。
制限を設けていないオンラインカジノは多々ありますし、意外と影響が強く、思っていた以上に損失を計上するケースも多くなっています。良いプレイをしたいと思っている方のために、入金制限を設けてくれるところは大きく、安心できる要素を増やしてくれます。

〇プレイ時間制限もベラジョンカジノは持っている

他のオンラインカジノにはないメリットとして、プレイ時間の制限も行っています。1回のログインでプレイできる時間を制限すれば、使用する金額を抑えられるのではないかと考え、作られている項目です。この設定もユーザーが行う必要があり、入力されると時間制限がかかります。
ログインを行うと、その時間から定められている範囲までしかできません。オーバーすると、その時点でログアウトされてしまい、プレイ不能になります。ログイン1回につき、この制限を受けることとなりますので、まだプレイしたいと思っているならログインすればいいですが、ある程度時間制限を加えてしまえば、続けすぎてしまった状況は起こらなくなります。
オンラインカジノにしては珍しく、プレイを止められる可能性がありますので、止められなくて困っている人には安心できるでしょう。

ベラジョンカジノの出金額が多いと時間がかなり掛かる

ベラジョンカジノは出金に関する制限が多く、出金できる額にも制限があります。一カ月に出せる金額は決められていて、それ以上の金額は引き出せません。なので引き出し可能額が多くなった場合、分割して引き出しする必要があります。分割の手続きは自分で行う必要があり、カジノ側がなにかしらしてくれるわけではありません。

〇1日の制限は2000ドル

出金できる制限は、2000ドルまでに設定されて、1日にこれ以上の金額を出したいと思ったら無理です。しかし2000ドルというのは、結構高い金額であり、オンラインカジノでも勝っている人しかこの数字は適応されないでしょう。しかも2000ドル前に、ボーナスの制限をクリアしないと厳しい人も多いために、相当な稼ぎを持っている状況じゃなければこのお金を出せないのです。
1日に出せる金額が2000ドルまでに制限されるので、それ以上の金額を入れるとエラーが発生して、額を減らすように警告が出てきます。この警告に従って減らしておけば、後から出してくれるようになります。
なお2000ドルは1日限定ですが、1週間で5000ドルを超える金額は出せないままとなります。つまり2万ドルまでしか1ヶ月に出せない仕組みになっていて、それ以上出したいなら分割して出す方法を考えます。

〇ジャックポットは自分で分割して出していく

ジャックポットを受けている場合は、分割して出していく方法を考えます。持っている金額を5000ドルずつ分割して、1ヶ月で2万ドルを出します。そして次の月にも2万ドルを出すように手続きを行って、残っている額が0になるまで続けます。残っている額が多すぎる場合は、とにかく出せることを前提に考えます。少しでも減らしていければ、手元に大量のお金が入ってくれるので結構楽でしょう。
エコペイズなどをどんどん使って、出金サービスからお金を出していくといいです。銀行振込だと時間がかかり、しかも手続きが思ったほど進まないので厄介です。ジャックポットはすぐにでも全額欲しいものですが、自分で分割しながら出すことをしっかり考えましょう。

〇10万ドル以上の的中には一応分割設定あり

一応ベラジョンカジノは、10万ドル以上の的中が出た場合、月1万ドル程度に分割して払いましょうかという問い合わせを持ってきます。ただ1万ドルだと、出せる金額は半分になります。しかも10万ドル以上というのはジャックポット以外にありません。つまりほぼできないと考えていいです。

〇制限からベラジョンカジノを快適に

オンラインカジノの問題である、依存症に近い状態を防ぐために導入されている方法ですから、どんどん活用していくのが望ましいです。そして、多くのゲームで安心できるようにするためにも、ログインによる時間制限はつけたほうがいいでしょう。熱を入れてしまって、すぐに止められない場合でも、制限をつけておけば止めることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です